不動産投資について

不動産投資について

不動産投資について

不動産投資について紹介したいと思います。不動産投資というのはどのようなことなのかご存知でしょうか?不動産投資というのは利益を不動産で得ることを言います。投資自体が利益を得るために資本を先に投資すること尾を言います。不動産投資では資本を投資する対象となるのが不動産ということになりますね。たとえばマンションやアパートなどの不動産物件を買って、そしてその不動産物件を他の人に貸して賃貸収入を得たり、また転売して売却収入を得るといった方法で利益を得る方法のことを不動産投資と言います。

 

不動産投資にはリスクがありますがこのリスクはどんな投資にもつきものだと思います。不動産投資は利益を得るために行うのでリスクをできるだけ抑えて利益を出すようにしなければいけませんね。不動産投資をしている人は少し資金に余裕があって現金をそのまま投資するのではなくて不動産に投資をして利益を得たいと思っている人が多いですね。不動産投資というのはデフレに弱くてインフレに強いような特徴があるのでその特徴をあらかじめ理解しておくことが必要ですね。バブルの時代のように不動産投資をして儲かるというのはもう夢のような話かもしれませんから慎重にならなければいけません。

不動産を借りる流れについて紹介したいと思います。まず不動産を借りる流れとしては不動産物件を情報収集していろいろな物件を調べます。そして不動産物件を見学して自分の目で不動産物件の確認をします。その後、不動産物件を選びます。そして不動産物件の入居申し込みをして重要事項などを不動産会社から説明を受けて契約をするという流れになっています。そして不動産会社から鍵を受け取れば入居することができます。逆に不動産物件を引き渡す場合の引っ越しの際の流れをこれから紹介したいと思います。

 

不動産物件の契約が終了して引っ越しをした場合には不動産物件を明け渡すことになります。その際に、あちこち大家さんや不動産会社がチェックをして敷金の清算をすることになります。敷金はあらかじめ不動産に入居する際に支払っておいて退去する際に返金してもらえるお金ではありますが、たとえば入居期間中に壁紙を破いてしまったとか補修をしなければいけないようなことがあった場合には敷金から支払うことになりますから敷金が返ってこないということもあります。不動産物件を借りる流れはこのようになっていますが、不動産会社選びから始めた方がいい場合もありますから物件と会社選びは慎重に行いましょう。

不動産会社の種類について紹介したいと思います。不動産会社の種類を知るということは不動産物件の情報を知るためには必ず知っておかなければいけないことだと思います。不動産会社によって取り扱っている不動産物件が違っていますから自分がほしいと思っている不動産物件を取り扱っている不動産会社を選ばなければならないわけです。まずは分譲会社と呼ばれる不動産会社があります。こちらは、土地を買って家を建てて利益を乗せた分を販売価格にして住宅地として分譲している不動産会社です。土地の販売もあれば新築住宅の不動産販売もあります。そして買い取り不動産会社もあります。買い取り不動産会社の場合には、中古のマンションや一戸建てを買い取ってそれを販売している不動産会社です。買い取り専門というよりも他の不動産業と兼業していることの方が多いかもしれません。

 

そして不動産の所有者と不動産をほしいと思っている人の間に入っている仲介業者の不動産会社もあります。こちらは仲介手数料をとって利益にしているような不動産会社です。仲介業者が買い取りを行って販売していることもあります。このように不動産会社には種類がありますから自分が不動産の取引をしたいと思うところと契約することが大切なことではないでしょうか。

不動産投資のデメリットについて紹介したいと思います。家賃収入で利益を得れば毎月決まった金額がもらえますから不動産投資をしていれば安心だという人も多いかもしれませんが不動産投資にもデメリットはあります。不動産投資のデメリットとしてはもしも所有している不動産の空き室が出てしまったときにはこれは家賃収入が発生しませんからその分のリスクになるかもしれませんね。また家賃も毎月決まっているとは限りません。家賃が極端に下がってしまうこともあります。特に空き部屋が増えた場合などには家賃を下げてしまいますからそれによって不動産投資の額が下がってしまうというデメリットがあります。

 

そして不動産投資のデメリットとしては家賃滞納をしている入居者がいた場合にはそれはリスクにはなるのではないでしょうか。また不動産投資では天災によって何か不動産物件にもしものことがあった場合には建て直しなどが必要になることもありますからデメリットになる可能性がありますね。不動産投資のデメリットとしてはほかにも、建物が古くなってしまったときには修繕する必要が出てきたりしますからこちらもデメリットに入るかもしれませんね。不動産投資をする場合はこれらのデメリットを踏まえたうえで考えるといいですね。

不動産投資のメリットについて紹介したいと思います。不動産投資のメリットというのはやはり安定した収入を得ることができるということではないでしょうか。売却収入で不動産投資の利益を得たいと思っている人の場合には安定した収入は期待できませんが、家賃収入で不動産投資をしようと考えている人の場合には空き部屋にしておく以外は毎月決まった家賃収入が入ってきますから不動産投資のメリットとして安定しているといえるのではないでしょうか。そして不動産投資は年金にもなると思います。不動産投資をしていれば家賃収入が入ってきますから年金と一緒に毎月安定した家賃収入を手に入れることができますから一生涯空き部屋がない限りは年金を手に入れているのと同じです。

 

そして不動産投資のメリットとしては土地の場合には資産として残るというのもメリットになりますね。不動産投資をする際にきちんとその不動産のローンを完済してしまえば土地や建物が資産になって残りますから収入源にもなりますし先ほど紹介した年金にもなりますから安心ではないでしょうか。株に投資しても将来的に株券として残るだけですが不動産投資の場合には土地や建物といった物が残るということがうれしいですよね。


ホーム RSS購読 サイトマップ